トレーニング情報

瞬発力アップに効果的!プライオメトリクス

スポーツ競技においては瞬発力がある方が有利である場合が少なくありません。

瞬発力は生まれつき運動神経のいい選手の特権だと思っていませんか?

この記事では、瞬発力アップのためのトレーニングについて学んでいきます。

 

プライオメトリクストレーニング

瞬発力をアップさせるには一般的にプライオメトリクストレーニングを行います。

 

プライオメトリクストレーニングとは

プライオメトリクストレーニングとは筋肉の「伸張」と「収縮」の切り替えをより早く行うことを目的としており筋力をパワーに変えるためのトレーニングです。

 

少し分かり辛い表現ですね。

 

筋肉の「伸張」と「収縮」の切り替え

人間の体は、筋肉は収縮と身長によって、動いています。

例えば、上腕二頭筋は収縮して、主に肘を曲げます。反対に肘を伸ばす場合は、上腕二頭筋は伸長します。

肘の曲げ伸ばしでは、このような動きを上腕二頭筋は繰り返します。

 

筋力をパワーに変える

筋力とパワーは違います。

筋力とは重い物を持ち上げる力を指します。

対してパワーとは重りを素早く動かす能力を指します。

100kgの重りをゆっくり持ち上げることと素早く持ち上げることでは素早く持ち上げる方がパワーが高いと言えます。

パワーは

重量 × スピード =パワー

と表現されます。

 

プライオメトリクストレーニングとは瞬発力

つまりプライオメトリクストレーニングとは、素早く力強い運動を向上させるトレーニングです。

瞬発力だけでなくジャンプ力のアップなどにも用います。

 

プライメトリクスではなぜ瞬発力が上がるのか

プライオメトリクストレーニングの原理は、筋肉が伸長している状態または伸長していく過程の状態で、収縮を起こすことです。

通常のウェイトトレーニングでは、ゆっくりと行うことが一般的であり、プライオメトリクストレーニングで行うような、筋肉が伸長された状態から、急激に収縮させることは行いません。

プライオメトリクストレーニングでは伸長された状態から急激に収縮させることを反復して行うことで、瞬発力を向上させます。

 

ウェイトトレーニングと組み合わせることが重要

ではプライオメトリクストレーニングだけを行なっていれば、瞬発力が上がるかといえば、そうではありません。

パワーのベースは筋力です。プライオメトリクストレーニングだけで、筋力がなければ瞬発力を発揮することができません。

例えば、反復横跳びのような運動では、切り返した時に膝や股関節に大きな筋力を必要とします。

プライオメトリクストレーニングを行なって、筋力を伸長から収縮させる能力を向上させても、筋力がなく瞬発力を発揮できないことは想像できます。

 

代表的なプライオメトリクストレーニング

代表的なプライオメトリクストレーニングの一つにデプスジャンプがあります。

デプスジャンプとは高くない台の上から飛び降りて、地面に足をついた瞬間にできるだけ高くジャンプするトレーニングです。

別名ドロップジャンプと呼ばれています。

 

専用の箱でなくても、公園などにある段差やベンチでも構いません。

プライオメトリクストレーニングは、専用の器具を必要としないトレーニングが多いことも魅力的です。

 

プライオメトリクストレーニングはアスリートに必要不可欠

スポーツの中でも、ボールを蹴る、ジャンプする、スイングをするなど様々な動きに当てはまります。

ウェイトトレーニングだけでは、このようなスポーツ動作に対応できません。

スポーツパフォーマンスの向上にはプライオメトリクストレーニングは不可欠と言えます。